FT-8×7スタンバイピー機能付きヘッドセットアダプタ(12F1501) 配布用基板

FT-817,FT-857,FT-897で利用できる、スタンバイピー機能付きヘッドセットアダプタになります。


概要
FT-817等に接続してPTT用フットスイッチ、コンデンサマイクとのインターフェイスとなり、スタンバイピーの機能を付加する基板です。
FT-817,FT-857,FT-897で利用可能です。
また、接続するコンデンサマイクに応じてマイクゲインの調整は必要になります。

仕様
電源:DC8-12V 100mA (2.1mmφ標準プラグ)
トランシーバ接続用コネクタ:1(RJ45)
PTTフットスイッチ接続用ジャック:1(3.5mmφ)
コンデンサマイク接続用ジャック:1(3.5mmφ)
ヒューズ:1(1A)
大きさ:約49mm x 94mm

配線方法
動作させるためには以下のように配線します。

使い方
基板とトランシーバ、フットスイッチ、コンデンサマイクを接続したのちDC電圧を供給してONします。
フットスイッチを踏むとトランシーバが送信状態になります。その後フットスイッチをリリースするとピー音が挿入されトランシーバが受信状態になります。
また、電源をOFFの状態で使うとピー音が挿入されず、トランシーバ単独で使う場合と同じ動作になります。

マイクゲインの調整
使うコンデンサマイクは個々特性が違うので、マイクごとにトランシーバでゲイン等を調整しておきます。

配布内容
1:スタンバイピー機能付きヘッドセットアダプタ 1枚

動作させるためには別途以下のパーツを準備する必要があります。
1:ケース、タカチ製PC-70に合うようになっていますが、他のケースでも収納可能です。
2:ACアダプタ 例DC12V 1A 直径2.1mm センタープラス
3:LANケーブル トランシーバとの接続用
4:PTT用フットスイッチ 通常オープン、送信時にクローズとなるような接点
5:コンデンサマイク 3.5mmプラグのコンデンサマイク
6:コモンモード対策 必要に応じてクランプコアでコモンモード対策を行います。

動作確認時の動画
以下は動作確認時の動画になります。

基板制作時の記事は以下にあります。
FT-8×7スタンバイピー機能付きヘッドセットアダプタ(12F1501)